内ももダイエットーイメージ

太ももに適度なスキマがあることは美脚の条件の一つと言われています。

ミニスカートやショートパンツをステキに着こなすためにも

太ももにスキマが欲しい!

という女性は多いのではないでしょうか?

今回はそんな女性のために、太もものスキマを作るカギとなる内転筋の役割や内転筋を効果的に鍛えるエクササイズをご紹介します。

 

内転筋を鍛えると太ももにスキマができる!

脚のむくみ女性

太ももにスキマを作るためには内転筋を鍛えることが効果的です。「内転筋ってどこにあるの?」、「どうして内転筋を鍛えると太ももにスキマができるの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思うので、解説していきますね。

太もものスキマを作るために重要な内転筋とは?

太ももの内側に位置する筋肉(恥骨筋、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋)をまとめて「内転筋」と言います。

「内転筋」という文字通り、股関節を内転させる時に使われる筋肉です。

「内転筋」は骨盤を固定して、骨盤と脚をつなぐという大切な役割も担っています。

内転筋を鍛えると効果的に脚痩せできる理由

太ももの内側にある「内転筋」は、太ももにスキマを作って、スラリとした美脚になるためにとても大切な筋肉なんです。

内転筋を鍛えると、

  • 太ももにスキマができる
  • 太ももの筋肉が外側に広がって太くなるのを防ぐ
  • むくみの原因にもなる骨盤の歪みを防ぐ
  • 脚のリンパの流れをよくして、むくみを改善する

という効果があります。

内転筋を鍛えることは、脚痩せにいいコトずくめなんですね!

 

太ももにスキマが欲しい人必見!内転筋に効くエクササイズ

脚のむくみ女性

スラリと美しいバレリーナの脚、女性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?実はバレエの動きは内転筋を使うものが多いので、バレリーナは内転筋が発達してるんです!太ももにスキマを作るためにも効果的な内転筋エクササイズをご紹介します。

バレリーナみたいな美脚になれる?プリエ・エクササイズ

内転筋が発達した美脚のバレリーナ-イメージ

バレエの基本「プリエ」は内転筋を鍛えるのに効果的なエクササイズです。

プリエを簡単にアレンジしたプリエ・エクササイズをご紹介します。

  1. 脚を肩幅より少し大きめに開き、足先を外側に向けます。
  2. 背筋をしっかり伸ばして、お腹とお尻をしっかり引き締めます。
    (バレエではよく「天井からまっすぐ上に引っ張られているようなイメージで」と指導されます。)
  3. 足先と膝が同じ向きになるように注意しながら、膝を外側に曲げて腰を落としていきます。
  4. 膝が90度になるまで腰を落としたら、内ももを意識しながら元の体勢に戻ります。

10回を1セットとして、2~3セット繰り返してみましょう。

 

寝転びながらできる内転筋エクササイズ

脚のむくみ女性

次は寝転びながら簡単にできて、内転筋を鍛えるのに効果的なエクササイズです。下側の脚のゆっくり持ち上げる時に内ももの筋肉を意識すると、より効果的に太もものスキマができるかも

【基本の体勢】

  1. 体ごと横を向くように寝転がります。
  2. 下側の手で頭を支えます。上側の手は胸の前に置きます。
  3. 上側の脚を4の字に曲げて、下側の脚の後ろに置きます。

この基本の体勢から、エクササイズ開始です。

  1. 息を吐きながら、下側の脚のゆっくり持ち上げます。
  2. これ以上は上がらないというところまで上げたら10秒間キープします。
  3. ゆっくり脚をおろします。

下側の脚をゆっくり持ち上げて、10秒キープしてから、ゆっくり下ろすという動作を1カウントとして、10回を1セットとします。

片足ずつ3セットを目標に頑張ってみましょう!

 

太ももにスキマが欲しい人必見の内転筋エクササイズまとめ

今回は、スラリとした美脚になるために「太ももにスキマが欲しい!」という女性のために、太もものスキマを作るカギとなる内転筋の役割や内転筋を効果的に鍛えるエクササイズをご紹介しました。

こちらの記事でも内転筋を効果的に鍛えられるお手軽エクササイズをご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

⇒ 内ももダイエットで引き締めたい!筋トレで鍛える必要性は?