こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

  • 足に赤いぶつぶつができてしまったけど、原因がわからない
  • 足にできた赤いぶつぶつを治すにはどうすればいいの?
  • 足の赤いぶつぶつを治した人の体験談を知りたい

当記事ではこのような方に向けて、実際に足に赤いぶつぶつができてしまった経験をお持ちのゆいさんとSさんのリアルな体験談、足に赤いぶつぶつができてしまう原因やおすすめの解消法についてまとめてみました。 

足に赤いぶつぶつができた方の体験談・原因や対処法は?

高校生の頃から脚のブツブツや赤みが気になっていたゆいさんの体験談

脚のむくみ女性

まずは、長い間、脚のブツブツに悩んでいたという、ゆいさんにお話を伺ってみました。

脚のブツブツや赤みが気になりだしたのはいつ頃からですか?

A

高校生くらいから、赤みが気になるようになりました。

頻繁に足の毛を自己処理するようになってから、ぶつぶつが出てきた気がします。

高校生のときから、ムダ毛が気になるようになりましたが、お金もないので、脱毛にも行けず、安いカミソリで自己処理をしていた結果、ぶつぶつがでてきた気がします。

また自己処理に対しての知識も少なく、ボディークリームなどもあまりつけていなかったので、乾燥してしまい、皮膚が荒れてしまったのではないかと思います。

女性3

そうだったんですね。

高校生だとケアにお金がかけられないし、正しい方法を教えてもらう機会もなかなかないですよね。

ゆいさんは、脚のブツブツや赤みで悩んでいたとのことですが、具体的にどんなことが気になりましたか?

A

生足を見られるのがイヤでした。

特に夏場は、足を出す機会が多くなりますが、足を出そうとしても赤みやぶつぶつが気になってしまい、思いっきり出すことは難しかったです。

スカートを履くときもストッキングでカバーするなどしないと、生足は晒せませんでした。

女性3

なるほど。

高校生くらいだと生足を見せるファッションも楽しみたいですもんね。

脚のブツブツや赤みを解消するために、どのような対策や治療をしているか教えてもらえますか?

A

今はボディークリームを必ず毎日塗るようにしています。

生理前のときには、肌が荒れやすいので、自己処理をするのは避けるようにしています。

どうしても生理前でもカミソリを使用しなければならないときは、すぐに保湿したり、ドラッグストアなどで売ってる薬を塗るようにして、赤みやぶつぶつが出ないようにケアしています。

赤みやぶつぶつは乾燥が原因になると聞いたので、保湿度が高いボディークリームを塗るようにしています。

ゆいさんは脚のブツブツや赤みの原因の一つに乾燥があることを聞いて、ボディクリームなどで保湿を心がけているようですね。

脱毛後の保湿はとても大切だと言われていますので、よい対策だと思います。

また、肌の状態が不安定な生理前のムダ毛処理を避けているというのもいいですね。

自己処理後の脚の埋れ毛やブツブツに悩んでいるSさんの体験談

脚のむくみ女性

次に、Sさんにお話を伺ってみました。

脚のブツブツ・赤みが気になりはじめたのはいつ頃からですか?

A

ムダ毛が濃いのが悩みで小学生の頃から気になり始めて、親のT字カミソリを借り自己処理をしていました。

毛抜きが太いので剃ると 次の日には黒くプツプツと毛が目立ちカミソリ負けを起こし脱毛処理に変えました。

最初は、シートタイプのワックスや毛抜きで地道に抜いていましたが痛みと時間がかかるので 自宅用脱毛機で今は処理しています。

処理するペースは減りましたが 埋れ毛 抜いた後の赤みが色素沈着してしまったり、悩みは解消されません。

女性3

そうだったんですね。

たしかに写真を見ると、埋れ毛や色素沈着が少しあるようですね。

脚のブツブツや赤みなどでどのような悩みがありましたか?

A

抜いて再度生えてくる毛は、ほとんどが埋れ毛はになってしまい目立ってしまうので 膝から下を出したくなくて、スカートも履けませんし、水着も切れる状態でありません。

抜いた後の赤みが色素沈着を起こしている状態です。

女性3

たしかに膝から下の肌にトラブルがあると、スカートを履いた時の他人からの視線が気になりますよね。

脚のブツブツや赤みを解消するために、どのような対策や治療をしていますか?

A

脱毛した後に再度生えてくる毛はほとんど埋れ毛の状況なので 毛抜きで一本一本抜くか 脚の垢すり、ゴマージュをして外へ毛を一回出してから脱毛機で処理します。

刺激を与えてしまっているせいか、毛を抜く前から後にかけてブツブツが引くことはないので脚を人目に晒したり、触れられたりするのにとても抵抗があります。

赤みは 美白効果がある化粧水をつけたり、化膿止めの市販の塗り薬をたまに塗ったりしますが、効果は全く感じられていません。

Sさんは、脱毛した後に再度生えてくる毛はほとんど埋れ毛という状態で、自己処理には大変苦労されていますね。

赤みの対策として、美白効果がある化粧水や市販の塗り薬を使用していたものの効果が感じられなかったようです。

足のブツブツや赤みの原因とおすすめの解消法

脚のむくみ女性

ゆいさんやSさんのように、脚のブツブツや赤みで悩んでいる女性はかなり多いようです。足に赤いぶつぶつができてしまう原因とおすすめの解消法についてご紹介します。

足のブツブツや赤みの原因

脚のブツブツや赤みの原因は、ゆいさんやSさんのケースと同様に、ほとんどの場合は自己流のムダ毛処理にあると言われています。

毛抜きやカミソリでムダ毛を処理すると、肌に細かい傷ができて、その傷から細菌が入り込み炎症を起こしてしまうのです。

肌が乾燥気味の時や生理前など肌の状態が不安定な時は特に炎症が起こりやすいようです。

効果的な解消法は?

足のブツブツや赤み解消用の薬用ローション「シルキークイーン」

脚のぶつぶつや埋没毛対策用のシルキークイーン-画像

出典:「シルキークイーン」(SILKY QUEEN)公式サイト

「シルキークイーン」(SILKY QUEEN)は、ゆいさんやSさんのように、脚のブツブツや赤み、ムダ毛処理による埋没毛で悩んでいる女性のために開発された薬用ミルクローションです。

厚生労働省に認可された医薬部外品で、カミソリ処理による炎症に優れた効果を発揮する有効成分・グリチルリチン酸2Kが配合されています。

さらに、 角質のバリア機能を高める成分、肌本来の潤いを呼び覚ます成分など8種類の天然美容成分がたっぷり配合されています。

「シルキークイーン」のおかげで生足でファッションを楽しめるようになったなどという声も多い人気の商品です。

シルキークイーンの公式サイトには、写真付きの口コミが複数掲載されていましたが、脚のブツブツや黒ずみに悩んでいたとは思えないキレイな肌の方ばかりでした。

参考記事:シルキークイーンの口コミ【効果なし】は嘘?成分に危険性がないかも調査しました

埋没毛・毛穴の黒ずみ専用ジェル「ストレミライン」

ムダ毛処理後の保湿美白ケアジェル-ストレミライン-画像

出典:「ストレミライン」(Stremiline)公式サイト

Sさんのように埋没毛にお悩みの方には「ストレミライン」(Stremiline)もおすすめです。

「ストレミライン」(Stremiline)はムダ毛の自己処理による埋没毛や毛穴の黒ずみをケアするための薬用美白ジェルです。

「ストレミライン」も厚生労働省承認済みの医薬部外品で、「シルキークイーン」と同様に、カミソリ処理による炎症を有効なグリチルリチン酸2Kが配合されています。

さらに代謝を高めて古い角質を取り除く作用を持つ美白成分の水溶性プラセンタも配合されています。

埋没毛ができてしまった場合は、角質を柔らかくして自然に毛が出てきやすい状態を作ることが大切なので、水溶性プラセンタ配合の「ストレミライン」は埋没毛の悩みを効果的に解消してくれるかもしれませんね。

「ストレミライン」について詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒ 「ストレミライン」の公式サイトはこちら

足のブツブツや赤みの再発防止・予防策

「シルキークイーン」や「ストレミライン」は、カミソリ処理による炎症を有効なグリチルリチン酸2Kが配合されているので、継続して使用すれば、足のぶつぶつや赤みが改善される効果は期待できると思います。

ただし、せっかく肌の状態がよくなっても、その後も毛抜きやカミソリなどを使用してムダ毛の自己処理を続けていると、また脚のブツブツや赤みが再発してしまう可能性はあります。

再発を防ぐためには、脱毛サロンやクリニックでしっかり脱毛してもらい、毛抜きやカミソリによる自己処理を不要にすることが理想的です。

大人気の脱毛サロン「ミュゼ」のひざ下脱毛

脱毛サロンでひざ下脱毛をしてみたいという方には、圧倒的な安さと肌に優しい脱毛方式で大人気の「ミュゼプラチナム」がおすすめです。

ミュゼでは、肌に優しく痛みがほとんどないS.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)という美容脱毛方式を採用し、オリジナルのプラセンタエキス配合のミルクローションでアフターケアまでしっかり行ってもらえます。

スベスベの脚をキープできるようになり、ミニスカートやショートパンツを楽しめるようになったという声も多いようです。

「ミュゼプラチナム」について詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒ 「ミュゼプラチナム」の公式サイトはこちら

確実に脱毛したいなら医療脱毛がおすすめ

確実に脱毛したいという方には、クリニックでの医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛は高いというイメージがあるかもしれませんが、「湘南美容外科」は医療脱毛としては破格とも言える良心的な料金設定になっています。

安さの秘密は、アレキサンドライトやウルトラ美肌脱毛などの最先端の3種類の脱毛機器を取り揃えることで、肌への負担を最小限に留めながら、効率よく効果的な施術を行うことができるからだそうです。

参考記事:湘南美容外科の脇脱毛は5回で足りる?【3人の口コミ】から脱毛効果を調査!

「湘南美容外科」では、ひざ下脱毛はLパーツという扱いになり、3回コースが50,220円 、6回コースが81,000円です。

脱毛範囲が広いことも「湘南美容外科」の特徴の一つで、ひざ下脱毛には膝も足の指も含まれます。

「湘南美容外科」について詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒ 「湘南美容外科」の公式サイトはこちら

中学生・高校生でも脱毛できるの?

「中学生や高校生でも脱毛サロンやクリニックで脱毛ってできるの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

この記事でご紹介しました、ゆいさんも高校生の頃から、Sさんは小学生のときから自分でムダ毛の処理をしていて、ブツブツや赤みが気になり出したとコメントされていましたよね。

脱毛サロンやクリニックでの脱毛は年齢に関係なく受けることが可能で、中には小学生から脱毛サロンに通っている方もいらっしゃいます。

女性の場合は生理が始まってからという条件を挙げているサロンやクリニックも多く、ホルモンバランスが安定する18歳以降が理想的だと言われています。

18歳未満の場合、ほとんどの脱毛サロンやクリニックで親の同伴や同意書が必要となります。

ミュゼでは、未成年の場合、原則は親権者の同席が必要となり、同席できない場合は同意書の提出と電話確認が必要になります。

湘南美容外科では、高校生、18歳未満は親の同伴が必要です。

親には言いにくいという方もいらっしゃるかもしれませんが、勇気を出してお願いしてみましょう。

「これ以上、肌を傷つけたくないから」と素直にお願いすれば、理解してもらえるのではないでしょうか。

足に赤いぶつぶつができた方の体験談・原因や対処法まとめ

今回は足のブツブツ・赤み・埋没毛で悩んでいた経験をお持ちのゆいさんとSさんのリアルな体験談、足にブツブツができてしまう原因や効果的に解消できるおすすめの商品や予防策などをご紹介しました。

この記事のまとめ

  • 脚のブツブツや赤みの原因はほとんどの場合は自己流のムダ毛処理にある
  • 肌が乾燥気味の時や生理前など肌の状態が不安定な時は特に炎症が起こりやすい
  • 脚のブツブツや赤みにお悩みの方には、ムダ毛処理による肌トラブルに悩んでいる女性のために開発された人気商品シルキークイーン(SILKY QUEEN)がおすすめ
  • 埋没毛にお悩みの方には「ストレミライン」(Stremiline)もおすすめ
  • 「シルキークイーン」と「ストレミライン」は共に厚生労働省に認可された医薬部外品で、カミソリ処理による炎症に優れた効果を発揮する有効成分・グリチルリチン酸2Kが配合されている
  • 足のブツブツや赤みを根本的に解決したい方には脱毛サロンやクリニックでの脱毛がおすすめ
  • 脱毛サロンでひざ下脱毛をしたい方には、圧倒的な安さと肌に優しい脱毛方式で大人気の「ミュゼプラチナム」がおすすめ
  • 医療脱毛で確実に脱毛したい方には、最先端の脱毛機器を取り揃えて、圧倒的な安さと実績を誇る「湘南美容外科」がおすすめ
  • 中学生、高校生でも脱毛サロンやクリニックで脱毛を受けることは可能だが、親の同意書や同伴が必要