脂肪吸引エステ-イメージ

こんな悩みや疑問をお持ちではないでしょうか?

  • ダイエットをしてもなかなかとれない脚の脂肪は、脂肪吸引なら簡単にとれるのかな?
  • 脂肪吸引に興味があるけど、どれくらい費用がかかるのかな?
  • 脂肪吸引は失敗すると危険と聞いたことがあるけど、どんな危険があるの?

当記事ではこのような方に向けて、脂肪吸引にかかる費用、脂肪吸引が失敗した場合の危険性、死亡事例などについて、まとめてみました。

脚痩せの脂肪吸引にかかる費用は?

脚のむくみ女性

脂肪吸引は、なかなか細くならない脚の部分痩せが簡単にできそうということで興味を持つ方も多いようです。まずは、一番気になる脂肪吸引の費用について、ご紹介しますね。

脂肪吸引には、いろいろな方法があり、方法やクリニックによっても、費用はかなりバラつきがあるようです。

CMでおなじみの高須クリニックでは、スムースライポサクション法という脂肪吸引を行っています。

1回の施術で、皮下に蓄積した多くの脂肪を大量に取り除くことができる方法だそうです。

高須クリニックのスムースライポサクション法による脂肪吸引の費用は以下のとおりです。

両大腿(内側・外側・前面・後面・ひざ周り) 各 ¥380,000~570,000
ふくらはぎ ¥380,000~570,000
臀部(おしり) ¥380,000~570,000

部位が細かく分かれているんですね。金額にも幅があるので、カウンセリングを受けてみないと、実際にいくら費用がかかるのかはわからないようですね。

脂肪吸引に20年の実績を持つ聖心美容クリニックでは、いくつかの脂肪吸引法から選択ができるようですが、「ベイザーリポ」という方法が一番おすすめのようです。

ベイザーリポは「皮下脂肪を最大90%除去可能」と謳われているという最先端の脂肪吸引法で、痛み・腫れ・内出血を最小限に抑えて、たるみの心配もないことが特徴だそうです。

聖心美容クリニックのベイザーリポによる脂肪吸引の費用は以下のとおりです。

ふくらはぎ+足首 360,000円
太もも2部位
(内側or外側+前面or後面)
450,000円
太もも4部位
(内側+外側+前面+後面)
780,000円
太もも2部位+お尻
(内側or外側+前面or後面+お尻)
570,000円
太もも2部位+ひざ
(内側or外側+前面or後面+ひざ)
570,000円

それ以外に、1回あたり80,000円の手技料が必要だそうです。

実際にカウンセリングを受けてみないと、正確な費用はわかりませんが、太ももを含めた脚の脂肪吸引の費用は、50万程度は必要と考えておいたほうがよさそうですね。

脂肪吸引は失敗すると危険?

脚のむくみ女性

脂肪吸引は体に負担がかかる施術なので、リスクもあります。脂肪吸引の危険性について、具体的に説明します。

脂肪吸引の麻酔の危険性

脂肪吸引は麻酔を必要とする施術なので、麻酔によるリスクが伴います

麻酔の種類は、クリニックや脂肪吸引の方法によっても異なりますが、麻酔薬が体に合わなかった場合は、ショック症状などを引き起こし、非常に危険な状態になる場合もあります。

非常に危険な脂肪塞栓症

吸引するために緩められた脂肪組織が血管の中に入りこみ、つまってしまう状態を脂肪塞栓症(しぼうそくせんしょう)といいます。

この脂肪塞栓症が、肺で起こると肺塞栓に、脳にで起こると脳塞栓となり、非常に危険な状態となります。

それ以外にも、カニューレを使う施術の場合は感染症のリスクがあり、出血量の多い施術の場合は多量出血の危険性があります。

脂肪吸引の死亡事例は?

脚のむくみ女性

脂肪吸引はやはり危険が伴うんですね。脂肪吸引による死亡事例もあるのでしょうか?

アメリカのFDA(食品医薬品局)は、麻酔の副作用、脂肪塞栓症、感染症について、脂肪吸引による死亡事故の原因となる可能性があるとしています。

アメリカでは、FDAが脂肪吸引が原因となった死亡事故の件数などの実際のデータも公表しているようですが、日本では、アメリカほど脂肪吸引が普及していないせいか、死亡事故のデータなどは公表されていないようです。

2009年には、脂肪吸引の手術を受けた70歳の女性が、2日後に死亡していたという事件が報道されていますが、表に出ない死亡事故もあるのかもしれませんね。

脚痩せの脂肪吸引にかかる費用や危険性まとめ

今回は、脂肪吸引にかかる費用、脂肪吸引が失敗した場合の危険性、死亡事例などについて、ご紹介しました。

この記事のまとめ

  • 脚痩せの脂肪吸引にかかる費用はクリニックや方法により異なるが、50万程度は必要
  • 脂肪吸引は麻酔によるリスク、脂肪塞栓症、感染症などの危険性がある
  • 脂肪吸引による死亡事故の事例もある

手軽に脚痩せできることで興味を持つ方も多い脂肪吸引ですが、危険性についても理解しておきたいですね。

脂肪吸引をしなくても、むくみを解消することで脚やせできる場合も多いようです。

むくみの解消には毎晩のリンパマッサージや手軽に生活に取り入れられるサプリメントがおすすめです。