第3世代超音波脂肪吸引システム-ベイザーリポ

こんな悩みや疑問をお持ちではないでしょうか?

  • ベイザー脂肪吸引に興味があるけど失敗するとどうなるの?
  • ベイザーは従来の脂肪吸引よりも副作用が少ないって本当?
  • ベイザー脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?

当記事ではこのような疑問をお持ちの方に向けて、ベイザー脂肪吸引の特徴や適用部位、他の脂肪吸引法との違い、ダウンタイムや副作用などの危険性、安全で効果的な脂肪吸引が受けられるおすすめのクリニック、「切らない脂肪吸引」として人気のキャビテーションが受けられる痩身エステなどについて、まとめてみました。

ベイザー脂肪吸引の特徴・他の脂肪吸引との違い

脚のむくみ女性

最新の脂肪吸引として人気のベイザー脂肪吸引。気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?まずはベイザー脂肪吸引の特徴、適用可能な部位、ベイザーなど他の脂肪吸引との違いなどについて説明します。

短時間で大量の脂肪を吸引できる最先端の脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波という超音波を皮下脂肪層に照射して、超音波の振動により脂肪細胞を液体状して体外に排出するという新しいタイプの脂肪吸引法です。

ベイザー脂肪吸引の最大の特徴は、短時間で大量の脂肪を吸引できること

皮下脂肪の約9割の除去が可能で、従来の脂肪吸引法と比べても格段に痩身効果が高いと言われています。

身体への負担が少なく引き締め効果もあり!

ベイザー脂肪吸引で用いられるベイザー波は、従来の脂肪吸引法と比較して、血管や細胞壁などの組織へのダメージが非常に少ないため身体への負担も最小限に抑えられます。

そのため、術後のダウンタイムも比較的短くてすむことが多いようです。

また、皮膚の引き締め効果もあるため、たるみや凸凹が生じにくく、自然で美しい仕上がりになることも特徴の一つです。

こちらはベイザー脂肪吸引の仕組みを解説した動画です。

ベイザー脂肪吸引は体だけではなく顔にも適用可能

ベイザー脂肪吸引は従来の脂肪吸引とは違い、超音波の振動により脂肪を遊離させて吸引するという原理なので、今までは難しいとされていた部位や層の脂肪も除去することが可能です。

腹部、背中、腰、ヒップ(おしり)はもちろん、二の腕、腰、太もも外側、うちもも、ふくらはぎ、足首など狭い部位の脂肪も取り除けます。

また、フェイスラインやあごなど顔の施術も可能です。

ただし、顔などの狭い範囲の場合はBNLS注射の方がよりリーズナブルな料金で十分な小顔効果が得られる場合も多いかもしれません。

ライポマティックなど他の最新型の脂肪吸引との違いは?

ベイザー脂肪吸引と同様にダウンタイムが短いことで人気のライポマティックとベイザー脂肪吸引の違いを知りたいという方もいらっしゃると思います。

ライポマティックはベルギーのEuromi社が開発した脂肪吸引マシンで、約3~5mm程度の切開線からカニューラという細い金属製の管を挿入して、特殊な振動を与えることにより脂肪を吸引します。

ライポマティックと同様に身体への負担が少なくダウンタイムが短い脂肪吸引として人気があります。

ベイザーの場合はある程度馴染んで自然な状態になるまでに約3ヶ月かかりますが、ライポマティックの場合は約1ヶ月程度でほぼ馴染んでキレイなボディラインになるそうです。

ベイザー脂肪吸引のダウンタイム・副作用や失敗の可能性は?

脚のむくみ女性

ベイザー脂肪吸引に興味があるけど、実際のダウンタイムはどれくらいか、副作用などの危険性がないか気になるという方もいらっしゃると思います。そこで、ベイザー脂肪吸引の施術後のダウンタイムや副作用などの危険性について説明します。

ベイザー脂肪吸引の安全性・身体への負担は比較的軽い?

ベイザー脂肪吸引で使用されるVASER-LIPOという医療機器はFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可され、安全性が認められています

従来のカニューレを使用した脂肪吸引法では皮膚と筋肉をつなぐ繊維組織を断裂させてしまいますが、ベイザー波なら脂肪のみを遊離させることができます。

そのため、神経や血管のような重要な組織へのダメージも最小限に抑えることができ、内出血などもほとんど生じません。

施術時間も短くて済むため、従来の脂肪吸引法と比べて痛みが少なく身体への負担も軽いとも言われています。

ダウンタイムはどれくらい?

ベイザー脂肪吸引の術後はほとんどの場合、翌日から仕事に復帰したり、普段どおりの日常生活を送ることが可能だと言われています。

ただし、術後3日間くらいの間は痛みが強く出る場合もあります。

多くの場合は鎮痛剤を服用することで問題なく過ごせますが、大事を取って3日ほどは休みを取る方が多いそうです。

シャワーは術後3日後からOKですが、飲酒とスポーツは術後2週間までNGだそうです。

また、術後に腫れ、内出血、むくみなどの副作用が起こる可能性もありますが、一過性のもので、ほとんどの場合は1~2週間程度である程度落ち着くそうです。

失敗すると皮膚表面が硬くこわばる?

ベイザー脂肪吸引の術後、稀なケースではありますが皮膚表面が硬くこわばったように感じる硬縮という症状が現れる場合もあります。

硬縮を経験した方の中には「失敗したのかも・・・」と不安になる方もいらっしゃるようですが、この症状は脂肪を取り除いたスペースを埋め合わそうとする正常な生体反応の一つだそうです。

硬縮はずっと続くわけではなく、個人差はありますが、術後3ヶ月程度で自然に治ることが多いようです。

ベイザー脂肪吸引で起こり得る失敗事例は?

脂肪吸引の失敗事例として多いのが皮膚が凸凹(デコボコ)になるケースですが、ベイザー脂肪吸引には引き締め作用もあるため、従来の脂肪吸引のようにデコボコになるリスクは比較的低いと考えられます。

ただし、担当した医師が、ベイザー脂肪吸引で使用されるベイザーリポの扱いに慣れていなかったり、脂肪吸引に必要な技術や経験が不足したりする場合、さまざまな失敗が起こりえます。

他院の脂肪吸引の修正外来を開設しているTHE CLINICによると、ベイザー脂肪吸引でよくある失敗例は以下の3つだそうです。

皮膚の凸凹(でこぼこ)が目立つ

担当医の解剖学の知識不足により、残すべき脂肪まで取り除いてしまったことが原因で起こるケースが多いそうです。

また、経験不足で技術力が未熟な医師による施術でも起こり得ます。

カニューレを通した部分だけが溝のように凹んでいるという深刻な失敗例もあるそうです。

おしりが垂れて後ろ姿が老けて見える

ヒップの支えとなる脂肪まで除去したことが原因で起こるす。

おしりが垂れたことにより後ろ姿が老けた印象になってしまいます。

引きつれにより日常生活がまともに送れない事例も

肌のハリを保持するために残しておくべき皮膚直下の表層脂肪まで除去しては、皮膚と筋肉の癒着が起きてしまいます。

癒着が起こると、術部を動かしたときに筋肉と同時に皮膚が引っ張られる引き攣れ症状が発症し、まともに日常生活を送れなくなってしまいます。

死亡事故や麻酔による副作用の危険性も!

切開を伴う脂肪吸引であるかぎりリスクはある

従来の脂肪吸引法と比較してリスクが少ないと言われるベイザー脂肪吸引ですが、メスによる切開を伴う脂肪吸引であるかぎり、当然リスクはあります。

もともと脂肪吸引は死亡事故が多い施術として知られていて、FDA(アメリカ食品医薬品局)が発表したデータによると10万回の脂肪吸引術で20人~100人が死亡しているそうです。

ベイザー脂肪吸引は従来の脂肪吸引法のリスクを最小限に抑えたため、死亡事故につながる可能性は極めて低いかもしれませんが、大量の脂肪を一気に取り除くことによる体液の不均等などのリスクは考えられます。

麻酔による副作用の危険性も!

また、麻酔が必要な施術なので、当然ながら麻酔によるリスクもあります。

麻酔の後遺症でひどい吐き気に襲われ、しかも寒くてガタガタ震えが止まらず、脂肪吸引の術後に帰宅するまでが一番辛かったという方もいらっしゃいます。

麻酔で使用する薬剤が体質に合わないと、じんましんが出たり、呼吸困難になったりなどの副作用が起こるケースもあるそうです。

安全かつ効果的にベイザー脂肪吸引が受けられるクリニックは?

脚のむくみ女性

ベイザー脂肪吸引は脂肪吸引の中では比較的ダウンタイムも短く、身体への負担も少ない施術ですが、脂肪吸引自体がリスクの高い施術なので、クリニック選びは慎重に行う必要があります。信頼できるクリニックの選び方やおすすめのクリニックをご紹介します。

安全かつ効果的に脂肪吸引を受けるためのクリニックの選び方

脂肪吸引は担当医の技術によって仕上がりの美しさに大きな差が生じる施術と言われています。

脂肪吸引をする際は浅層、中間層、深層に分けて手術を行う必要があり、非常に高度な技術と豊富な経験が必要だと言われています。

中間層を少しの残さないと皮膚表面が凸凹になってしまうリスクもあります。

そのため、脂肪を除去するだけではなく、美しいボディラインを手に入れるためには優れた技術と豊富な実績を持つ医師が在籍するクリニックを選ぶ必要があります。

また、ベイザー脂肪吸引の場合は、施術に使用するベイザーリポの最新バージョンであるベイザーリポ 2.2を導入していて、公式トレーニングを経て認定された医師であることを証明するベイザー脂肪吸引の認定医に施術してもらえるクリニックを選ぶことをおすすめします。

日本で唯一ベイザー脂肪吸引の技術指導を任されたTHE CLINIC

ベイザー脂肪吸引の指導機関でもあるTHE CLINIC

出典:THE CLINIC公式サイト

美しいボディラインを作るVASER 4D技術を持つ医師が多数在籍

ベイザー脂肪吸引を受けたい方に一番おすすめなのはTHE CLINIC(ザ・クリニック)です。

解剖学をベースに理想のボディをデザインするVASER 4D技術というハイレベルな脂肪吸引技術を習得したとして認定される高度な技術資格を持つ医師が8名も在籍します。

たるみやデコボコなどの失敗なく美しいボディラインを作る技術を証明するこの資格は、トップレベルの外科医のみしかセミナー参加資格が得られないため、日本ではまだ数十名程度しか資格所持者は存在しないそうです。

日本で唯一ベイザー脂肪吸引の技術指導を任された医療機関

THE CLINIC はベイザー脂肪吸引の技術指導を任された日本で唯一の医療機関でもあります。

2011年1月から、ベイザーリポの最新バージョンのベイザーリポ2.2の日本上陸に伴い、日本国内の医師を対象として、定期的に技術セミナーを開催しています。

こちらは、2013年11月5日にTHE CLINIC東京院で開催された技術セミナーの一部を公開した動画です。

セミナーでは単に技術をレクチャーするだけではなく、実際にあった失敗事例やどうすれば回避できるかなども具体的に説明しているようですね。

脂肪専門クリニックならではの高度な技術で失敗の修正手術の実績も多数

THE CLINICは脂肪吸引と脂肪注入による豊胸手術のみに特化し、優れた技術力を誇る脂肪専門クリニックで、他院で失敗した方を救済するための修正手術も積極的に行っています。

脂肪吸引の修正外来も設置していて、現在、毎日のように他院での修正手術を行っているそうです。

またシリコンバッグの豊胸手術で失敗して不自然な胸になってしまった方の修正手術も行っていて、安全性と効果に優れた最先端の豊胸手術として注目されているコンデンスリッチ豊胸という手術により、多くの女性が自然で美しい胸を取り戻しています。

参考記事:【リスク】シリコンバッグの豊胸手術で失敗・後悔ないように《知るべき副作用など》

リアルな体験談を伝えるためにスタッフ自らもベイザー脂肪吸引を経験

THE CLINICでは、施術を受ける方の不安を和らげるリアルな体験談を伝えたいという思いから、スタッフ自らがベイザー脂肪吸引を経験していて、約75%のスタッフはTHE CLINIC でベイザー脂肪吸引を経験しているそうです。

実際、「施術を経験したスタッフから直接話が聞けるという点が魅力的だった」という声も多いとか。

また、一番不安な術後の時期やデザイン完成後も安心できるように再診や必要性を判断した場合の修正施術を1年間無料で提供する保証制度も付いています。

THE CLINICのベイザー脂肪吸引について詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

豊富な脂肪吸引の実績を持つ湘南美容クリニックもおすすめ

ベイザー脂肪吸引-湘南美容クリニック

出典:湘南美容クリニック公式サイト

国内の脂肪吸引の症例数も第1位で、過去10年間で2万4千件以上の脂肪吸引を行った実績がある湘南美容クリニックもおすすめです。

湘南美容クリニックでは専門医が丁寧にボディデザインを行うデザイン型脂肪吸引で、脂肪を取り除くだけではなく、美しいボディラインに整えることにもこだわりを持っています。

「美容医療をもっと身近に」をコンセプトとしている湘南美容クリニックはリーズナブルな料金でも人気がありますが、全国70院以上展開しているため、他のクリニックより安い料金で施術の提供が可能だそうです。

参考記事:湘南美容クリニックのVIO脱毛は痛すぎて無理?【3人の口コミ】から実態調査!

脂肪の取り残しや傷痕の治療などの保証制度がある点も安心です。

湘南美容外科では、ベイザー脂肪吸引以外にも、安全で効果が高いライポマティックやAquicell(アキーセル)脂肪吸引も行なっています。

またメスを使用しないのに脂肪吸引と同レベルの効果が期待できるとして注目されている以下のような最先端の施術も取り入れています。

無料カウンセリングでは一人ひとりの希望や悩みを丁寧に聞いて、一番適切な施術を提案してもらえるそうです。

湘南美容クリニックの脂肪吸引の詳細やベイザー脂肪吸引と他の施術との比較などを知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

ベイザー脂肪吸引の特徴、危険性、おすすめクリニックまとめ

ベイザー脂肪吸引の特徴や適用部位、他の脂肪吸引法との違い、ダウンタイムや副作用などの危険性、安全で効果的なベイザー脂肪吸引が受けられるおすすめのクリニック、「切らない脂肪吸引」として人気のキャビテーションが受けられる痩身エステなどについてご紹介しました。

この記事のまとめ

  • ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波という超音波を皮下脂肪層に照射して、超音波の振動により脂肪細胞を液体状して体外に排出するという新しいタイプの脂肪吸引法
  • ベイザー脂肪吸引の特徴は短時間で大量の脂肪を吸引できることとダウンタイムが短いこと
  • ベイザー脂肪吸引は皮膚の引き締め効果もあるため、たるみや凸凹が生じにくくい
  • ベイザー脂肪吸引は超音波の振動により脂肪を遊離させて吸引するという原理なので、今までは難しいとされていた部位や層の脂肪も除去することが可能
  • ベイザー脂肪吸引と同じく安全性が高くてダウンタイムが短い最先端の脂肪吸引として注目されているのがライポマティック
  • ベイザーの場合はある程度馴染んで自然な状態になるまでに約3ヶ月かかるが、ライポマティックの場合は約1ヶ月程度でほぼ馴染んでキレイなボディラインになる
  • ライポマティックで使用されるVASER-LIPO(ベイザーリポ)という医療機器はFDA(アメリカ食品医薬品局)からも認可され、安全性が認められている医療機器
  • ベイザー脂肪吸引の術後は翌日から普段どおりの日常生活を送ることが可能だと言われるが、術後3日間くらいの間は痛みが強く出る場合もあり、3日ほどは休みを取る方が多い
  • 術後は腫れ、内出血、むくみなどの副作用が起こる可能性もあるが、一過性のもので、ほとんどの場合は1~2週間程度である程度落ち着く
  • 稀に皮膚表面が硬くこわばったように感じる硬縮という症状が現れる場合もあるが、術後3ヶ月程度で自然に治ることが多い
  • 美しいボディラインに整えるためにも、術後1週間は吸引部をサポーターやコルセットなどで24時間圧迫することが大切
  • ベイザー脂肪吸引は脂肪吸引のリスクを極限まで減少させた施術と言われているが、メスによる切開を伴う脂肪吸引であるかぎり、当然リスクはある
  • 脂肪吸引は担当医の技術によって仕上がりの美しさに大きな差が生じる施術なので、優れた技術と豊富な実績を持つ医師が在籍するクリニックを選ぶ必要がある
  • ベイザー脂肪吸引の場合は、施術に使用するベイザーリポの最新バージョンであるベイザーリポ 2.2を導入していて、公式トレーニングを経て認定された医師であることを証明するベイザー脂肪吸引の認定医に施術してもらえるクリニックを選ぶとよい
  • 安全かつ効果的にベイザー脂肪吸引を受けたい方に一番オススメなのは、日本で唯一ベイザー脂肪吸引の技術指導を任された医療機関であるTHE CLINIC(ザ・クリニック)
  • 国内の脂肪吸引の症例数も第1位で、最先端の脂肪吸引マシンや切らない脂肪除去マシンを豊富に取り揃えている湘南美容クリニックもおすすめ
  • 「脂肪吸引に興味はあるけど、リスクがある手術はやっぱり怖いかも・・・」という方には”切らない脂肪吸引”として大人気のキャビテーションが受けられる痩身エステもおすすめ
  • 最近はエステで使用される痩身機器もかなり進化していて、美容クリニックで受ける施術に匹敵するほどの痩身効果を得られる革新的なマシンも増えている

参考URL

ベイザーリポ(VASER Lipo)公式サイト

最新の脂肪吸引・ベイザーリポ:第3世代超音波脂肪吸引システム(共立美容外科)

根こそぎとれるVASER脂肪吸引の詳細情報(湘南美容クリニック)

第3世代超音波脂肪吸引システム:ベイザーリポ(共立美容外科)

麻酔の危険性及び合併症(水戸医療センター公式サイト)

他院による“取り過ぎ脂肪吸引”の失敗例(THE CLINIC)公式サイト

美容外科医のための ベイザーリポ 2.2(ベイザー脂肪吸引) テクニカルセミナー