スマスセラの写真

こんな悩みや疑問をお持ちではないでしょうか?

  • スマスセラという施術に興味があるけど、失敗するとどうなるの?
  • スマスセラの副作用などの危険性を知りたい
  • ウルセラやダブロなど他のリフトアップ効果のある施術と比べてどんな違いがあるの?

当記事ではこのような疑問をお持ちの方に向けて、最近注目されているリフトアップ施術・スマスセラの特徴、ウルセラやダブロとの違い、副作用などの危険性、安全にスマスセラが受けられるおすすめのクリニックなどについて、まとめてみました。

スマスセラの特徴・リフトアップ効果

脚のむくみ女性

ウルセラよりも安くて優れたリフトアップ効果があると今、大人気のスマスセラ。気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?まずはスマスセラの特徴やリフトアップ効果について説明します。

スマスセラは韓国でも人気の美容施術

スマスセラ(Smasthera)はウルセラと同じ原理でHIFU(高密度焦点式超音波)を照射することで、フェイスラインなどをリフトアップさせる施術です。

ウルセラ・ジェネリック(ウルセラの後発機)として韓国のZ-TON GLOBAL社が開発しました。

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、ジェネリック医薬品と同様に美容医療機器も先発品の特許が切れたタイミングでジェネリック(後発機)が開発されています。

ウルセラよりもリーズナブルな料金で優れたリフトアップ効果を得られ、しかもウルセラよりも痛みが少ないため、韓国では大人気のようです。

ウルセラよりもランニングコストが安く、よりお手頃な料金で施術を提供できることから、最近は日本でも美容クリニックのドクター達から注目を浴びていて、導入するクリニックも増えています。

スマスセラのリフトアップ効果と持続期間

スマスセラはウルセラと同様、皮膚の奥にあるSMAS層という筋膜に熱エネルギーを与えて、リフトアップ効果を得るという施術です。

肌のたるみの大きな原因の一つと言われるSMAS層の衰えを根本から解消できるため、フェイスラインの引き締めには非常に優れた効果を発揮すると言われています。

スマスセラのリフトアップ効果は施術直後から実感する方も多いようです。

平均的には施術後1~2ヶ月程度で効果が感じられ、3ヶ月~半年程度持続するようです。

ウルセラやダブロとの共通点と違い

脚のむくみ女性

スマスセラは、ウルセラやダブロなど他のリフトアップ効果のある施術とどう違うのかを知りたいという方もいらっしゃると思いますので、ウルセラやダブロとの共通点や違いなどについて説明します。

ウルセラ・ダブロ・スマスセラの共通点

ウルセラ、ダブロ、スマスセラの共通点は、超音波により皮膚の奥のSMAS層に熱エネルギーを与えて、リフトアップ効果を得られることです。

美容クリニックのリフトアップ施術としてはサーマクールやタイタンなども人気がありますが、SMAS層にアプローチできる施術はメスを使用するリフトアップ施術を除くとウルセラとウルセラの後発機(ダブロ、スマスセラなど)のみです。

ウルセラ、ダブロ、スマスセラは、肌を傷つけずに超音波によりSMAS層にアプローチするため、ダウンタイムがほとんどないことも大きな特徴です。

ウルセラやダブロとの違い

スマスセラはウルセラの後発機ですが、ウルセラよりもリスクが少なく、痛みがマイルドなのが特徴です。

ウルセラのように皮膚の奥からフェイスラインを引き締める施術を受けたいけど、痛いのは苦手という方にはピッタリの施術と言えるかもしれません。

ウルセラよりもハンドピースなどの消耗品が安いため、比較的安い料金で受けられるのも魅力です。

ただし、ウルセラとは違いエコーがついていなくて骨の位置を確認できないため、額や目元などピンポイントでたるみを改善したいという方には向かないでしょう。

ダブロはスマスセラと同じウルセラの後発機

ダブロ(doublo)もスマスセラと同様に韓国で開発されたウルセラの後発機で、スマスセラと同様にウルセラよりも痛みが少ないという特徴があります。

ダブロは照射する範囲がウルセラよりも広く、熱エネルギーを分散できるため、痛みが少ないそうです。

また、スマセラと違いエコーがついていて、ウルセラよりもエコー映像の解像度が高いのも特徴です。

さらにSMAS層と皮下組織層の両方にアプローチでき、細かくパワーを設定できるため、リフトアップだけではなく、シワ改善や美肌効果も得られるように設計されたマシンです。

ただし、焦点の合わせ方がウルセラよりも広くてパワーが集中しにくいため、効果が得られにくいのでは?という指摘もあるようです。

スマスセラの副作用や危険性・失敗事例は?

脚のむくみ女性

スマスセラに興味はあるけど、副作用などの危険性がないか心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。スマスセラの安全性や副作用の危険性などについて説明します。

ウルセラ・ジェネリックは安全性が保証されていない?

ウルセラ、ダブロ、スマスセラの中で、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されているのはウルセラのみです。

美容クリニックのドクターの中には、韓国で開発されたウルセラの後発機は効果や安全性が確認されていないことを懸念して、導入しない方針の方もいらっしゃいます。

ウルセラの後発機はウルセラと同様に皮膚の奥のSMAS層にアプローチする施術です。

SMAS層には神経や血管も多く、闇雲にアプローチすると神経や血管を傷つけてしまうリスクがあるそうです。

そのようなリスクを考えると、安全性が保証されていないマシンを使用するのは危険だという判断は妥当かもしれませんね。

スマスセラの副作用の危険性・失敗事例

スマスセラはウルセラと同様にダウンタイムがほとんどないと言われている施術ですが、治療後に筋肉痛のような鈍痛や偏頭痛が一週間ほど残るケースはあるようです。

また、起こり得る副作用として、皮膚の赤み、熱感、ひきつれ感、茶色い線状痕、軽度の浮腫(むくみ)、内出血、筋肉痛があります。

いずれも術後1週間程度で治まるケースがほとんどのようです。

ただし、稀に神経にしびれがでたり、口角が下がる、眉毛が上がらないなどの神経障害が出る場合もあるそうです。

非常にレアなケースだそうですが、このような失敗事例があることも認識して、クリニック選びは慎重に行った方がよさそうですよね。

安全かつ効果的なスマスセラを受けるためにおすすめのクリニック

脚のむくみ女性

安全かつ効果的なスマスセラを受けるためには、豊富な実績を持つ医師による施術が受けられるクリニックを選ぶことが大切です。どこのクリニックがいいかわからないという方のために、安全かつ効果的な施術が受けられるおすすめのクリニックをご紹介します。

リーズナブルな料金と信頼できる効果で人気のKMクリニック

ウルセラの進化版スマスセラ-イメージ

出典:KMクリニック公式サイトのスマスセラ紹介ページ

安全かつ効果的にスマスセラの施術を受けたいという方に一番オススメなのは、良心的な料金で優れた効果を発揮する施術が受けられることで定評のあるKMクリニックです。

KMクリニックでは豊富な経験を持つ医師が、一人ひとりの悩みに合わせてスマスセラの熱エネルギーを与える深さを調節するオーダーメイド治療を行っているため、自分が望む効果を得られやすいです。

サーマクールとスマスセラを組み合わせたスマサーマというオリジナルメニューも人気です。

KMクリニックは新宿院と銀座院があり、新宿院は新宿駅より徒歩5分、銀座院は銀座一丁目駅より徒歩5分、京橋駅より徒歩3分という便利な場所にあります。

KMクリニックのスマスセラの内容や場所など詳細を知りたい方は公式サイトをご覧ください。

KMクリニックに体験取材に行ってきました。

KMクリニック新宿院の実体験《院内の雰囲気を6枚の画像で紹介》

他の施術も検討したいなら湘南美容クリニックもおすすめ

スマスセラだけではなく、さまざまなリフトアップ施術の中から自分に一番合う施術を選んで受けたいという方には、最先端の技術力を誇る国内最大級の美容クリニックである湘南美容クリニックもおすすめです。

「美容医療をもっと身近に」をコンセプトとしている湘南美容クリニックはリーズナブルな料金でも人気があります。

全国70院以上展開しているので他のクリニックより安い料金で施術の提供が可能だそうです。

参考記事:湘南美容クリニックのVIO脱毛は痛すぎて無理?【3人の口コミ】から実態調査!

湘南美容クリニックには、うるおいコラーゲンリフト、エラボトックス、BNLS neo、ウルトラリフト、サーマクールなど、スマスセラ以外にも最先端の小顔治療メニューが充実しています。

カウンセリングで医師に自分が一番気になる部分などを伝えて、最適な施術を提案してもらうことができるので、どの施術を受けるか迷っているという方は相談してみるとよいでしょう。

湘南美容クリニックの小顔治療メニューについて詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

チェック⇒ 湘南美容クリニックの公式サイトで小顔治療メニューを見てみる

エステサロンのHIFU施術は?

スマスセラやウルセラと同じHIFU(高密度焦点式超音波)を照射することで、フェイスラインをリフトアップする施術は最近はエステサロンでも行われていて、人気があります。

美容クリニックよりもエステの方がお手頃な料金でHIFU(ハイフ)が受けられるのでは?と考える方も多いかもしれませんが、エステは医療機関ではないため、ウルセラやスマスセラなどの医療用のHIFUマシンを扱うことはできません。

HIFUは皮膚の奥にあるSMAS層にアプローチする施術で、重要な神経の走行などの医学的知識や技能が必要とされるため、医師のみが安全に施術を行うことが可能です。

実際、エステでのハイフ施術ではトラブルも複数報告されていて国民消費者センターが警告しています。

こちらは国民消費者センターが公表していたトラブル事例の一部です。

  • 美容クリニック併設のエステサロンの施術で頬の神経の一部を損傷した。リスク説明があれば契約しなかった
  • エステサロンで痩身の施術を受けて熱傷になり、治るまでに半年かかると診断された

安全にHIFU(ハイフ)の施術を受けるためにも、必ず経験豊富な医師による施術を受けるようにしましょう。

スマスセラの特徴、危険性、失敗&成功事例、おすすめのクリニックまとめ

今回は、スマスセラの特徴、ウルセラやダブロとの違い、副作用などの危険性、安全にスマスセラが受けられるおすすめのクリニックなどについてご紹介しました。

この記事のまとめ

  • スマスセラ(Smasthera)はウルセラと同じ原理でHIFU(高密度焦点式超音波)を照射することで、フェイスラインなどをリフトアップさせる施術
  • スマスセラはウルセラよりもリーズナブルな料金で優れたリフトアップ効果を得られ、しかもウルセラよりも痛みが少ないため、韓国では大人気
  • スマスセラのリフトアップ効果は施術直後から実感する方も多いが平均的には施術後1~2ヶ月程度で効果が感じられ、3ヶ月~半年程度持続する
  • ウルセラ、ダブロ、スマスセラの共通点は、超音波により皮膚の奥のSMAS層に熱エネルギーを与えて、リフトアップ効果を得られること
  • スマスセラはウルセラの韓国で開発された後発機で、ウルセラよりもリスクが少なく、痛みがマイルドなのが特徴
  • ダブロ(doublo)もスマスセラと同様に韓国で開発されたウルセラの後発機で、スマスセラと同様にウルセラよりも痛みが少ないという特徴がある
  • ウルセラ、ダブロ、スマスセラの中で、FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されているのはウルセラのみ
  • スマスセラの施術後に起こり得る副作用として、皮膚の赤み、熱感、ひきつれ感、茶色い線状痕、軽度の浮腫(むくみ)、内出血、筋肉痛があるがいずれも一過性のもの
  • 稀なケースではあるが、神経にしびれがでたり、口角が下がる、眉毛が上がらないなどの神経障害が出たという失敗事例もある
  • HIFUは皮膚の奥にあるSMAS層にアプローチする施術で、重要な神経の走行などの医学的知識や技能が必要とされるため、医師のみが安全に施術を行うことが可能
  • 安全かつ効果的にスマスセラの施術を受けたいという方に一番オススメなのは、良心的な料金で優れた効果を発揮する施術が受けられることで定評のあるKMクリニック
  • さまざまなリフトアップ施術の中から自分に一番合う施術を選んで受けたいという方には、最先端の技術力を誇る国内最大級の美容クリニックである湘南美容クリニックもおすすめ

【参考URL】

『ウルセラ』と『スマスセラ』、どう違うの?『ダブロ』『ウルトラセル』は?(宝塚ヒルズクリニック公式サイト)

スマスセラのリスク・ダウンタイム(東京美容皮膚科クリニック公式サイト)

エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!-熱傷や神経損傷を生じた事例も-

HIFU(ハイフ)マシンは医療用を選択しましょう(スキンリファインクリニック公式ブログ)